Android Enterprise デバイスで Google Chrome のホワイトリストまたはブラックリストを設定することはできますか?

Android Enterprise デバイスの場合、ホワイトリストまたはブラックリストを設定したアプリ管理設定プロファイルをデバイスにインストールすることで、Google Chrome アプリ利用時のアクセス先をホワイトリストまたはブラックリスト形式で制限することができます。
それぞれの手順は以下のとおりです。


1.ホワイトリスト設定手順

例えば、googleco.jp と yahoo.co.jp 以外の web サイトへのアクセスを禁止する場合、アプリ管理設定プロファイルで以下のように設定します。

<アプリケーション>
 Google Chrome: 高速で安全
<管理設定>
・Block access to a list of URLs
 固定値:[“*”]
・Allows access to a list of URLs
 固定値:[“google.co.jp”,”yahoo.co.jp”]

※注意※
[ ] も含み、全てを一行で登録ください。
また、登録後のプロファイルを読み込み時には、” 以降の値が消失し、[ のみが表示されます。
そのため、再保存時には、都度全ての値を登録し直してください。

 

2.ブラックリスト設定手順

例えば、googleco.jp と yahoo.co.jp へのアクセスを禁止する場合、アプリ管理設定プロファイルで以下のように設定します。

<アプリケーション>
 Google Chrome: 高速で安全
<管理設定>
・Block access to a list of URLs
 固定値:[“google.co.jp”,”yahoo.co.jp”]

※注意※
[ ] も含み、全てを一行で登録ください。
また、登録後のプロファイルを読み込み時には、” 以降の値が消失し、[ のみが表示されます。
そのため、再保存時には、都度全ての値を登録し直してください。


アプリ管理設定プロファイルを作成しデバイスにインストールコマンドを実行した後は、Settings > MobileDeviceManagement > Android > 基本設定 より、「Android for Work の登録情報を取得する」を実行ください。
同期処理を行うことにより、デバイスへのプロファイル適用を早く促すことができます。

なお、上記の設定方法は、現時点での Google Chrome アプリを元に弊社で動作を確認したものとなります。
そのため、アプリ開発ベンダーからの正式な回答ではなく、ご参考情報としてのお取り扱いをお願いいたします。

また、今後 GoogleChrome アプリの仕様変更等により、ブラックリスト/ホワイトリストの設定方法が変更された場合などは、上記の方法では制限が効かなく可能性もありますので、あらかじめご留意ください。