iOS デバイスへインストールした Enterprise アプリケーションが起動しません。

iOS デバイスへ新しく Enterprise アプリケーションをインストールした場合、「信頼されていないエンタープライズデベロッパ」としてポップアップが表示されることがあります。
Enterprise アプリケーションは Apple 社に信頼された開発元からのものでなければ動作することができないことから、新たな開発元からのアプリケーションをインストールした場合には信頼操作を求められます。

 

アプリケーションの利用を行うために、具体的には以下の信頼操作が必要でデベロッパが信頼できる開発元であるかを確認することができます。
※操作は必ずネットワークに接続している状態で実施してください。

iOS 設定 > 一般 > プロファイル >(開発元名称)>(開発元名称)を信頼 >「信頼」のタップ
※開発元名称には ADEP 契約を行っている企業名となります。

なお、その開発元のアプリケーションを全てアンインストールする、またはデバイス本体の初期化を行うと信頼情報はリセットされ、再度の信頼操作が必要となりますのでご注意ください。

 

また、CLOMO を含む、MDM サービスを経由して ManagedApps としてアプリケーションをインストールさせた場合、MDM の管理下にあるアプリケーションであることから MDM 構成プロファイル(CLOMO-MDM)の配下にアプリケーションが表示されます。

この場合、アプリケーションは CLOMO から信頼されていることが前提となり、既に信頼済みのアプリケーションとして取り扱われることからデバイス側での信頼操作は不要となります。

 

各デバイスで信頼操作を行わせず、信頼済みのアプリケーションとしてデバイスに配信するには必ず ManagedApps として、CLOMO から配信するようにしてください。

ManagedApps としてインストールするための方法は以下の FAQ で案内しています。

ManagedApps としてインストールする方法を教えてください。