VPP サービスへの参加招待を行い、デバイスでも設定を行いましたが、ライセンス付与のコマンドが表示されないのはなぜですか?


VPP の参加招待後にデバイスでの設定を完了させると、VPP ライセンスの付与が可能な状態となります。

ただし、デバイス側で準備が整ったことをオンタイムで CLOMO PANEL に通知する機能がないため、反映までに約1日程度の時間がかかってしまいます。

VPP アカウント設定後、すぐに VPP ライセンスの付与を行いたい場合は、User/Org 画面より対象のユーザーを選択し、

「VPP アカウントの状態取得」を実行してください。

VPP アカウントの設定状態が CLOMO PANEL に反映されるため、VPP ライセンス付与コマンドの実行が可能になります。