Applications にて VPP アプリを登録したが「デバイスへ割当」が「不可」になっている。設定が間違っているのでしょうか?


Applications 画面に登録した AppStore アプリケーションの画面右の詳細画面を閲覧した際に
「Volume Purchasing Program – デバイスへ割当:不可」と表示されている場合、
そのアプリケーションは VPP アプリケーションとして配信することができません。

割当不可となる原因はアプリケーション側にあり、VPP 配信に未対応のアプリケーションである、
iTunes からの応答で正しくライセンス付与ができないアプリであるなどを理由に
ライセンス付与できないためです。
そのため、CLOMO では対応できかねる機能範囲となり各社アプリベンダー様にご対応いただく必要があります。

VPP 配信が一般化する以前からリリースされているアプリケーションでは未対応のものが多くありますが、
バージョンアップ時に VPP 配信に対応され、その場合は割当可能として順次更新されています。