ローミング設定の制御について、コマンドで設定した内容がデバイスに反映されません。


CLOMO PANEL から「ローミング設定の制御」コマンドを行うと、

デバイス側のローミング設定のオン・オフを切り替えられます。

ただし、「コマンドを送信したデバイスが「音声通話ローミング」に対応していない場合、

「ボイスローミングを有効にする」と設定しても、設定は反映されません。

また、デバイスが「音声通話ローミング」に対応している場合でも、

デバイス側の「音声通話ローミング」がオンになっていないと、

コマンドを実施しても「データローミング」をオンに設定できません。

 

(デバイスの仕様)

CLOMO PANEL からコマンドを実施する際の設定可否は以下の通りです。

(1)ボイスローミング:有効、データローミング:有効 → 設定可
(2)ボイスローミング:有効、データローミング:無効 → 設定可
(3)ボイスローミング:無効、データローミング:有効 → 設定不可
(4)ボイスローミング:無効、データローミング:無効 → 設定可