Devices からデバイスを確認すると、2日に1度ほど「最終応答から24時間以上経っています」というアラートが点灯しています。

該当のアラートは、デバイスが CLOMO と疎通が取れなくなった時間が、Settings の「Mobile Device Management」項目の各 OS「基本設定」>「重要なアラート表示項目」にある注意アラート(黄)/警告アラート(赤)に設定された時間を超えた場合に、注意喚起として表示されます。
※設定値が「表示する」の場合のみアラートが行われます。

また、デバイスが CLOMO と疎通が取れているかどうかの判定は、デバイス情報の取得やアプリケーション情報の取得コマンドに正しく応答したかどうかが判定対象となりますが、CLOMO では管理下のデバイスに対して日次で情報取得のコマンドを実行している(※)ため、そのタイミングでデバイスが応答しない場合も判定対象となります。
そのため、管理者側でコマンドを実行せずとも、日次の情報取得コマンドに対してデバイスから応答がなくアラートを検知した場合は、自動的に Devices 画面に注意喚起として表示されます。

(※)関連FAQ
CLOMO が定期的に自動で取得している情報にはどのような情報があり、 取得する時間は決まっていますか?

アラートが表示されたデバイスは電源がオフとなっている、またはネットワークに接続できていないなどの状況が推測されるため、デバイス利用者へのご確認をお勧めいたします。