デバイスを監視モードとする場合とそうでない場合の違いを知りたい。

デバイスを監視対象モード(Supervised Mode)に設定した場合は以下の機能を利用することができ、
デバイスが監視対象モードではない(通常モードである)場合、これらの機能を利用することができません。

・制限設定に関わる構成プロファイルにて [監視対象のみ] と条件付けられている
制限項目(ペイロード設定)を利用できます。

・CLOMO MOBILE APP PORTAL と Apple 社の VPP サービスを併用することで、
遠隔でのアプリケーションのサイレントなインストールを実現できます。

・紛失モード設定コマンドを利用できます。

・遠隔での iOS のアップデートコマンドを利用できます。

・ワークス・マート機能を利用できます。

なお、今後の Apple 社の製品傾向としても iOS の新バージョン提供時には
デバイスが監視対象モードであることが前提となる、有用な機能が提供されていく見込みです。
そのため、監視対象モードを利用した運用をご検討ください。