アプリ制限プロファイルで起動不可のアプリケーションに Google Play を設定していますが、アプリケーションの自動アップデートが実行されてしまいます。


アプリ制限プロファイルの制限については、フォアグラウンド(アプリケーションが起動され、画面に表示されている状態)での

動作を制限する機能となるため、バックグラウンド(画面上で起動せず、見えないところで自動的に動作している状態)での

機能を制限することはできません。

 

Google Play の自動アップデートを制限する場合は、あらかじめ Google Play の設定にある「アプリの自動更新」の値を

「アプリを自動更新しない」とする必要があります。