Android Enterprise デバイスで利用したいアプリケーションが表示されておらず、ホーム画面で選択可能なアプリケーションが限定されています。

Android Enterprise デバイスのホーム画面において表示されているアプリケーションが制限されている場合、ホームアプリとして CLOMO ホームが強制選択されています。

CLOMO ホームの強制選択はデバイス側でポリシー違反を検知した場合に行われます。

具体的には設定プロファイルでパスワードポリシーを設定しているにも関わらず、パスワードを未設定にしている場合などが対象となります。

パスワードポリシーが適用された場合には、下図のようにデバイス側の通知欄において、ポリシーに沿った設定通知画面が表示されます。
この設定通知画面はデバイス上の操作を強制するものではないため、無視することが可能で、一見してポリシー未設定のまま通常通りに利用できるように見えます。
しかしながら、デバイス上では CLOMO ホームが強制選択されているため、最低限のアプリケーションしか利用することができません。

ポリシーに従った設定をデバイスに適用しデバイス上のポリシー違反を解消することで、CLOMO ホームの強制選択が解除され、他のアプリケーションを利用することができます。

例えば初期設定直後の場合、パスワードを未設定のままキッティングを行っている場合、上記の CLOMO ホーム画面が表示されている場合がありますのでご注意ください。