CLOMO MDM Agent Enterprise for iOS の年次更新が終わったあと、アプリはどのように配布すればよいでしょうか?


年次更新が完了したあとは、更新済みのアプリを各デバイスに

インストールする必要があります。

2種類の方法がありますので、運用にあった方法を選んでください。

 

1.CLOMO PANEL内に表示される、新しいダウンロードURLにアクセスし、

デバイスごとに年次更新アプリのダウンロードを行う。

年次更新が完了すると、

CLOMO PANEL – Settings – Mobile Device Management – iOS の基本設定の画面内に、

新しいアプリのダウンロード URL が表示されます。

この URL をダウンロード用のパスワードと合わせて各ユーザに展開し、

デバイスごとにダウンロードをするよう指示してください。

デバイスで URL にアクセスすると、ダウンロード用のパスワードの入力後、

アプリのダウンロード画面が表示され、ダウンロードが完了すると既存アプリに、

年次更新後のアプリが上書きインストールする仕組みとなります。

また、ユーザーへの展開前に、管理者で新しいアプリの挙動を確認する用途としても、

ご利用が可能です。

 

2.CLOMO PANEL内の「最新バージョンを有効にする」ボタンをクリックし、

アップデート通知を一斉に送信する。

年次更新が完了すると、

CLOMO PANEL – Settings – Mobile Device Management – iOS の基本設定画面内に、

「最新バージョンを有効にする」ボタンが表示されるようになります。

このボタンをクリックすると、年次更新後のアプリが有効なバージョンとなり、

それ以前のバージョンのアプリがインストールされているデバイスに対して、

アップデートを促す通知が送信されます。ユーザーはその通知のタップ操作から

年次更新後のアプリをダウンロードすることが可能です。

 

それぞれの手順の詳細については、

「CLOMO MDM Agent for iOS アップデートマニュアル」を参照してください。