iOS デバイスの MDM 構成プロファイルに利用している、署名用証明書の有効期間が切れた場合はどのようになりますか?


署名用証明書( clomo.com )の有効期限に関しては、2014年5月23日以前に「MDM 構成プロファイル」を

インストールしたデバイスでは、「2014年5月23日」と表示されます。

※2014年5月23日以降にインストールした「MDM 構成プロファイル」は、有効期限が「2016年5月23日」になります。

 

署名用証明書はサーバ側で管理しており、MDM 構成プロファイルのインストール時に証明書も

組み込んで配布する仕組みとなっております。

また、サーバ側では既に更新済みであることから、MDM 構成プロファイルを再インストールした時点で

更新後の証明書を取得し、デバイス側では有効期限を「2016年5月23日」となることをご確認いただけます。

 

なお、MDM 構成プロファイルを再インストールしない場合、見た目上の有効期限が切れてしまいますが、

署名用証明書はその名の通り、MDM 構成プロファイルの署名に使用している証明書であり、

MDM 機能とは直接関係がございませんので、仮に有効期限を過ぎてしまったとしても

CLOMO MDM の管理状態に影響が生じることはございません。