管理画面の Reports で確認すると、ワーク・スマート構成未適用のデバイスに対して RemoveWorkSmartRestriction コマンドが発行されているように見えます。

ワーク・スマート機能の初回リリース時点では、本来ワーク・スマート機能の対象に
なり得ないデバイス(MDM Agent for iOS ver. 2 系を利用するデバイス)に対して
RemoveWorkSmartRestriction コマンドが発行される事象を確認しています。

本来ワーク・スマート機能の対象になり得ないデバイスに対して、
ワーク・スマート構成の削除を試みているため、このコマンド結果は当然失敗になります。

そのため、本事象がデバイスの実働に影響を及ぼすことはありません。
本来不要なコマンドが発行されている点については、今後のリリースにて改修を行います。