CLOMO MDM を利用するには


◯モバイルデバイス管理を始める

 

CLOMO MDM を利用するためには、そもそもで管理したいデバイスを、

CLOMO の管理下へ置く作業を行わなくてはいけません。

各企業ごとに導入を検討しているデバイス種別ごとで行う作業が違ってきます。

実際のご利用までお手数をお掛けしますが、この作業がデバイス管理の最初の一歩となります。

 
 
◯iPhoneやiPadなどのiOSデバイスを利用の場合
 

Apple社のMDM用の証明書発行サイトから、各デバイスとアクセスするための証明書を発行し、

その証明書を CLOMO PANEL(管理パネル)へ登録する必要があります。

証明書の登録が完了したらデバイスに CLOMO 専用のMDM構成プロファイルを

インストールすることでiOSデバイスを CLOMO MDM の管理下に置くことができます。

作業に少し手間がかかりますが、30分程度で完了する作業になります。

 
iOS初期設定
 

iOSデバイス(iPhone、iPadなど)の初期設定を行う

 
 
◯一般的にスマートフォンやタブレットと呼ばれるAndroidデバイスを利用の場合
 

他のアプリケーションの利用時と同様に、GooglePlayよりCLOMO専用のアプリケーション、

CLOMO MDM Agent for Android をダウンロードし、デバイスにインストールします。

アプリケーションの初回起動時に設定情報を入力することで、

Androidデバイスを CLOMO MDM の管理下に置くことができます。

iOSに比べると簡単な作業となり、早ければ10分程度で完了します。

 

And 初期設定

 

Androidデバイス(スマートフォン、タブレット)の初期設定を行う