CLOMO お役立ち情報局


2015/02/19


CLOMO お役立ち情報局 #6


 

いつも CLOMO をご利用いただきまして、ありがとうございます。
アイキューブドシステムズ CLOMO お役立ち情報局担当の石村です。早いもので今年も2ヶ月が過ぎようとしていますが、寒い日々が続いていますね。皆様は風邪などひいていらっしゃいませんか?
この寒さを乗りきるため、今回もみなさまのお役に立つホットな情報をお届けしたいと思います!

< INDEX >

  • Apple ID を必要としない新 VPP「device-based VPP」
  • CLOMO おすすめ機能の紹介
  • 今月の オススメ FAQ
  • スマホ関連ニュースピックアップ
  • 編集後記

Apple IS を必要としない新 VPP 「device-based VPP」

今回の CLOMO PANEL のリリースでは、iOS 9 から搭載された機能「device-based VPP(Volume Purchase Program)」に対応しています。

従来の VPP では、”VPP アカウント”と呼ばれるユーザーを作成し、そのユーザーが使用するデバイスの Apple ID へライセンスを付与することで、アプリケーションの配布を管理していました。

しかし、この新たな device-based VPP を利用することによって、Apple ID を必要なく用いずにアプリケーションを配布することができるようになります。今回はそのメリットと併せてご紹介します!

※ device-based VPP は、iOS 9 以降かつ VPP 管理配布方式にのみ対応しています。

メリット1:Apple ID の設定が必要ない

device-based VPP とは、配布したいアプリケーションをデバイスのシリアル番号で指定して、アプリケーションのライセンスを付与できる機能です。そのため、利用者は必ずしもデバイスにて Apple ID でサインインしている必要がなくなりました。

Apple ID を設定せずにアプリケーションのインストールが可能となるため、大量デバイスのキッティング時に Apple ID の準備・設定が必要なくなり、大幅なキッティング時間の短縮が見込めます。

メリット2:App Store を制限した状態でもアプリケーションを配布できる

Apple ID を必要としないため、App Store の利用を制限している状態でもアプリケーションのインストールが可能です。
App Store を制限するプロファイルを配布し、必要なアプリケーションのみを VPP で配布することで、ユーザーに必要なアプリケーションのみを利用させる運用が容易になります!

メリット3:VPP の利用が簡単に

従来の VPP 管理配布では、ユーザーの作成や VPP アカウントへの参加招待など、利用するまでの準備に手間がかかっていました。しかし、device-based VPP を利用することによって、デバイス向け VPP アプリケーションライセンスの付与を行うだけで、VPP アプリケーションの利用が可能となります!

メリット4:ユーザー向け VPP を利用中でも、簡単に移行できる

従来のユーザー向け VPP 配布方法を利用中の場合でも、デバイス向け VPP 配布方法へ移行することが可能です。

※ 手順については、下記 FAQ 投稿をご参照ください。
http://faq.clomo.com/clomo-all/clomo-mdm/4125

 

その他にも、今回の CLOMO PANEL リリースでは、アプリケーション配布関連の新機能が搭載されています。
下記内容をご参照の上、是非お試しください!
http://faq.clomo.com/clomo-all/clomo-map/4141

CLOMO おすすめ機能紹介

CLOMO で使える非常に便利な機能をご紹介する「CLOMO おすすめ機能紹介」のコーナー、今回は『自動適用プロファイル』の機能をご紹介します。

この自動適用プロファイルを利用すると、プロファイルの配布を効率的に行うことが可能となります。
特に、組織や部門ごとで制限を変えたいお客様にはとても便利な機能ですので、是非ご活用ください!

1. MDM 管理下へ登録すると同時に制限可能

自動適用プロファイルを設定すると、CLOMO MDM 管理下に登録されているデバイス全てに対し、コマンドの実行を行うことなく自動的にプロファイルを適用することができます。※

[設定方法]
1.Settings タブの設定メニューから「Mobile Device Management」にある各 OS を開き、「基本設定」を選択します。
2.「自動適用プロファイル」の項目を「設定する」に変更します。
3.「構成プロファイルを選択してください」の項目から、自動的に適用させたいプロファイルを選択します。
4.「自動適用プロファイルを追加する」を選択します。(複数設定する場合は、3,4の手順を連続してください。)
5.「保存」をクリックし、基本設定を完了します。

設定が完了すると、すべてのデバイス(設定した OS のみ)に対して自動的にプロファイルの配布が行われます。また、以降 MDM 管理下に登録されたデバイスに対しても、設定したプロファイルが自動的に配布されます。

※ MDM Agent for iOS 設定の自動適用プロファイルは、デバイスに「CLOMO MDM Agent for iOS」がインストールされていて、且つアプリケーション情報に「CLOMO MDM Agent for iOS」が表示されているデバイスにのみ適用されます。そのため、通常の自動適用プロファイルとは違い、設定を保存したタイミングにてプロファイルの適用が実行されますのでご注意ください。

2. 組織ごとにも適用可能

自動適用プロファイルは、対象を全体とする以外に、組織ごとで設定することも可能です。例えば、パスワードポリシーは全体に適用、App Store の制限は営業部に適用、などと言った運用も簡単に行うことができます。

[設定方法]
1.Mobile Devices タブのフィルタメニューから「組織構成」を選択し、自動適用プロファイルを設定したい組織を選択します。
2.右画面に「この組織への自動適用プロファイル操作」が表示されますので、「設定する」に変更します。
3.自動的に適用させたいプロファイルを各 OS ごとに選択します。(設定方法は全台の自動適用プロファイルと同一ですので割愛します。)
4.「実行」をクリックします。

組織への自動適用プロファイルの適用条件は、そのデバイス(ユーザー)が組織に関連づいたタイミングとなります。
また、デバイスに事前登録インポート/デバイスとユーザの関連付けインポートを先行して実施しておくことで、MDM 管理下に登録されたタイミングでのプロファイル適用も可能です。
詳しくは下記 FAQ をご覧ください。
事前登録を行うとどのようなメリットがありますか?

3. プロファイルの更新・削除も自動で実行

自動適用プロファイルに設定されているプロファイルは、更新や削除※を行うことで、そのプロファイルを自動的に再配布や削除を行うことが可能です。

※ iOS 用の構成プロファイルは削除のみ可能です。

自動適用プロファイルに設定しているプロファイルを更新すると、保存してから10分後に対象となる全デバイスへインストールコマンドが実行されます。

自動適用プロファイルに設定しているプロファイルを削除すると、自動適用プロファイルとしてインストールされているデバイスに対してのみ、インストールコマンドが実行されます。該当のプロファイルが手動でインストールされているデバイスには実行されません。

 

今月の オススメ FAQ

みなさまにご活用いただいている CLOMO FAQ ですが、Q&A だけでなく、便利で運用に役立つ動画も配信しています。是非ご覧ください。

・CLOMO MDM for iOS 初期設定デモ
iOS デバイスを CLOMO で利用する場合に、最初に行う作業をまとめています。

・CLOMO MDM for iOS 年次更新デモ
iOS 用プッシュ証明書の有効期限は1年間となっていますので証明書の更新作業が必要となります。この作業をスムーズに実施するための動画をご紹介しています。

 

CLOMO FAQ には、お役立ち情報局のバックナンバーも掲載しております。
見逃された記事がありましたら、ぜひご覧ください。
・CLOMO お役立ち情報局 バックナンバー

スマホ関連ニュースピックアップ

Apple 関連

2.5

Apple のソフトウェア品質は低下しているのか
確かに OS まわりの不具合が増えている気がしますね。企業で利用する上ではもう少し品質の向上を期待したいです。

1.27

Apple、四半期売上で予測を越えるも、iPhone 販売は不達
iPhone の販売が頭打ちに近づく中、次の成長エンジンとなるものは何でしょうか。

1.19

あなたの死後、Apple ID はどうなる? Apple の方針は行き過ぎなのか?
VPP の家族版が出れば、アプリについては問題解決しますね。

Google 関連

2.8

グーグル、「Android Wear」をアップデート — ハンズフリー機能を拡張
スマートウォッチもどんどん便利になりますね。個人的にはバッテリー消費の大幅改善とオサイフケータイに対応してほしいです。

2.3

「Android」から「iPhone」に乗り換えて — 2カ月でわかった違い
記事中にもありますが、Google サービスの統合度合いではさすがに iPhone は Android に敵いませんね。

Microsoft 関連

2.8

Windows ユーザーなら即買い! iPhone よりも Windows 10 Mobile が優れている“6つの理由”
今後に期待するとして、Continuum はぜひ使ってみたいですね。

1.14

企業内プライベート Windows ストア活用のすすめ(前編)
Windows 10 でようやく iOS や Mac 同様のアプリ管理が実現します。ライセンス管理のための手間は大きく削減できそうですね。

1.12

契約不要で LTE — Microsoft SIM が登場間近!
日本で提供されるかは未定ですが、なかなか面白そうなサービスですね。

編集後記

連日の寒さに、コートの襟を立てる姿をたびたび目にします。
福岡も先月末、40年ぶりとなる大寒波の影響で大雪となりました。道路のアスファルトが見えないくらい雪が降り積もり、子どもたちも大はしゃぎです。私も福岡に住んで10年近くになりますが、初めて車のタイヤにチェーンをかける経験もできました。
まだまだ寒い日々が続くようですが、みなさまお体には十分お気をつけください。

・ 本メールに関する、ご意見・ご要望

株式会社アイキューブドシステムズ CLOMO お役立ち情報局
http://www.i3-systems.com/