CLOMO お役立ち情報局


2016/06/17


CLOMO お役立ち情報局 #8


 

いつも CLOMO をご利用いただきまして、ありがとうございます。

アイキューブドシステムズ CLOMO お役立ち情報局担当の石村です。

福岡では、汗ばむほどの陽気に夏服姿の人が目立つようになりました。皆様、もう衣替えはお済みですか。全国的に梅雨入りしましたが、気持ちだけはカラッとしたいものです。

さて、今回もみなさまのお役に立つホットな情報をお届けします!

< INDEX >

  • CLOMO PANEL 新バージョンの機能紹介
  • CLOMO おすすめ機能の紹介
  • 今月の オススメ FAQ
  • 医療現場におけるスマホ利活用の書籍を出版します
  • 編集後記

CLOMO PANEL 新バージョンの機能紹介

前回のお役立ち情報局#007にて、「紛失モード機能」についてご紹介し多くの反響をいただきました。今回の新バージョンには、その他にも様々な機能が搭載されています。中でも特におすすめしたい3点の新機能についてご紹介します!

1. iOS 向け「構成プロファイル」の作成機能

遂に CLOMO PANEL で、iOS デバイス向けの構成プロファイルの作成が可能となりました。iPhone 構成ユーティリティの Windows 版の提供が停止されたため、Mac を使えない環境では非常に苦労されていた部分かと思います。

Apple Configurator 2 で作成可能なパスコード設定および制限設定を、CLOMO PANEL 上で作成することが可能です。

—–

CLOMO PANEL > Setings > Mobile Device Management > iOS > 構成プロファイル > 新規構成プロファイルを作成

  • パスコード設定プロファイル
  • 制限設定プロファイル

—–

2. アプリ情報エクスポートファイルへ ManagedApps ステータスカラムを追加

こちらは以前、仕様変更のご案内時にもお伝えした内容となりますが、CLOMO PANEL から CSV エクスポートできるインストール済アプリ情報一覧に、各アプリが MDM で管理可能な状態(Managed 状態)となっているかを示す「Managed」カラムが追加されました。

MOBILE APP PORTAL にてアプリの管理/運用を行われているお客様より、多くのご要望を受けての実現となりました。

個別のデバイスに対して、PANELからアプリ情報を確認する必要が無くなり、CSV ファイルとして出力した資料でアプリ管理状態の統計を取ることも可能です。iOS 9 以降のデバイスに対して有効な「Managed 状態への管理状態変更コマンド」実行時の対象抽出にご活用ください。

3. Windows デバイス向けのアプリポータル機能の実装

最近では Windows デバイスを MDM で管理するためのお問い合わせを非常に多くいただいており、Windows 10 デバイスの導入を積極的にご検討されている企業が増えてきていることを感じます。

今回ご紹介するのは、MOBILE APP PORTAL ご契約のお客様向けとなりますが、Windows デバイスに対しても iOS や Android と同じように、アプリ配信のためのポータル機能がご利用可能となりました。

利用方法も他OSと同様です。CLOMO PANEL から MSI アプリをアップロードすることで、ポータル画面にアプリを登録でき、デバイスからは WEB ブラウザ経由でアプリをインストールすることが可能です。

CLOMO おすすめ機能紹介

今回は CLOMO SecuredDocs からのおすすめの機能をご紹介します。

(SecuredDocs の詳細につきましては、こちらをご参照ください。)

1つ目は「コンテンツの閲覧期間の設定」機能です。

本機能は、多くのお客様からのご要望を受け、追加された機能になります。

管理画面(SECURED APPs MANAGER)よりコンテンツをアップロードした際に、閲覧開始日および終了日を設定しておけば、アプリ側では指定した期間内のみ参照が可能になります。

例えば、期間限定サービスを実施するパンフレットのデータや、時期によって切り替えたい動画データなど、あらかじめ期限を定めておけば、閲覧期間が過ぎたら自動で指定コンテンツの閲覧をできなくします。
2つ目は「ローカル認証」機能です。

本機能は SecuredDocs だけでなく、SECURED APPs の全製品で共通搭載されており、iOS および Android の双方でご利用いただけます。

SecuredDocs は、オフライン時での利用も想定され、アプリ内にダウンロード済のコンテンツのキャッシュを保持する仕組みとなっています。本機能を有効にすると、デバイス標準のパスコードロックに加え、アプリ自体にも起動ロックを掛けることができるようになります。さらに、指定回数パスワードの入力を間違えるとアプリ内データを自動で消去するなど、スマートデバイスにおいてより安全性の高いコンテンツ利用を可能にします。

今月の オススメ FAQ

みなさまにご活用いただいている CLOMO FAQ です。2016年5月更新分の投稿からも、ピックアップしてご紹介します。


CLOMO FAQ http://faq.clomo.com/

・VPP ライセンスを付与されたデバイスを CLOMO PANEL 上からデバイス削除した場合、自動的に VPP ライセンスも剥奪されますか?

デバイス向け VPP の機能をご利用されているお客様に、ぜひ見ていただきたい内容です。デバイス入れ替え時に注意するべきポイントとなりますので、ご確認ください。

・CLOMO MDM Agent for iOS のダウンロード URL が見当たりません。

先日 新バージョンがリリースされた影響で、Enterprise 版をご利用いただいているお客様から良くお問い合わせいただく内容です。

・SecuredDocs でアプリログ情報のエクスポートができますか?

SecuredDocs ではアプリログをエクスポート可能となっています。閲覧頻度の高いコンテンツのデータ分析などにも活用可能な情報となっています。

※CLOMO FAQ 2016年5月更新分

その他の更新分の投稿を纏めておりますので、ぜひご参照ください。

・CLOMO お役立ち情報局 バックナンバー

医療現場におけるスマホ利活用の書籍を出版します

「東京慈恵会医科大学 先端医療情報技術研究講座」と当社は、医療の質向上を目指したスマートデバイス利活用の検証・促進のために「共同研究開発契約」を締結し、医療分野におけるモバイルワーキング行動支援に関する研究を行ってきました。

この度、上記活動の一環として本取り組み、および、当社も参画する「メディカルITメディアラボ」で得られた様々な知見を、広く世の中に公開し、活用して頂くために「スマホで始まる未来の医療 ~医療+ICTの最前線~(日経BP社)」という書籍を発行いたしました。

本書籍では、世界最大規模、3,400台のiPhone導入を実現した東京慈恵会医科大学におけるスマートフォンの導入・利活用プロジェクトの内容、事前に把握・配慮しておくべき事項(セキュリティ・運用対策、利活用促進時の注意点など)、最先端の医療アプリやIoT・ロボットの活用例、スマートフォン利用規約・誓約書・患者告知物など、実際に利用されているものも含め、余すことなく掲載しています。

医療業界関係者は勿論、他業界のモバイルの法人導入を検討・実施されている方にもご参考頂ける内容となっています。是非、ご一読ください。

なお、CLOMO管理者様のみを対象として、先着10名様に本書籍を無償でプレゼント致します。書籍をご要望される方は本メールにご返信ください。

書籍の詳細については、以下リンクをご参照ください。


編集後記

先月、子どもの通う小学校で運動会がありました。

福岡の子どもたちは、運動会の掛け声として、一斉に「やーっ!」と掛け声を上げることをご存知ですか?

関東から引っ越してきて、最初の運動会で見た時はとてもワクワクしたものです。

先生「全員、 立ちましょう。立てーっ!」

生徒「やーっ!!」

今ではすっかり慣れてしまいましたが、この掛け声で気合の入る福岡の運動会は、居るだけで元気をもらえます。最近は、生徒の安全性を考えて競技内容が見直されたりしていますが、この元気一杯の運動会自体は無くならず、ずっと続いてほしいものです。

少しずつ雨も多くなり、梅雨の季節が本格化してきましたね。

皆様も体調を崩されぬよう、ご自愛ください。

・ 本メールに関する、ご意見・ご要望

株式会社アイキューブドシステムズ CLOMO お役立ち情報局
http://www.i3-systems.com/