お知らせ


CLOMO MDM Agent for Android

新バージョンにおける一部仕様変更について

 

2015/11/27(金)のCLOMO Agent for Android 新バージョンのリリースを予定しております。

本リリースでは、Android 5系における不具合修正を行なっておりますが、

Android 5 の新 API に対応するために、アップデート手順おいてユーザの操作が必要となります。

 


 

改修項目

・Android 5系において、CLOMO MDM アンチウィルスオプションのスキャン設定がデバイス側で変更できてしまう

・Android 5系において、起動不可アプリケーションが使用できてしまう

・Android 5系において、位置情報取得実行時に GPS の設定が OFF の場合、前回取得していた位置情報が正常に取得できない

・Android 5系において、VirusScan アプリを開くと「承認された MDM エージェントに接続してください。」とエラーメッセージが出る場合がある

 

変更内容

・Android OS 5.0.x デバイスの場合、[ユーザー補助]の設定において

 CLOMO MDM を有効とする設定が必須となった

CLOMO Agent for Android における OS 5.0.x 仕様変更について-1

 

注意事項

・新バージョンを Android OS 5.0.x デバイスへインストールした後、

 もしくはアップデートが完了した後、[ユーザー補助]の項目を有効にする操作が必要となります。

CLOMO Agent for Android における OS 5.0.x 仕様変更について-2

 

 有効としない場合、上記ポップアップ画面が常に表示され、

 ユーザーが端末上で他の操作を行うことができませんのでご注意ください。

 

・OS 5 以下のデバイスにおいても、設定を有効とすることは可能となりますが、

 OS 5.0.x のように設定を強制されることはありません。

 

・ユーザー補助の設定を有効とした場合、デバイス操作の監視権限を CLOMO MDM Agent for Android に

 与えることとなりますが、CLOMO においてその情報を利用することはありませんのでご安心ください。

 ※ OS 5 以下においても同様です。

 


 

具体的な設定方法につきましては、

以下のページよりご確認ください。

 

ユーザー補助設定の流れ