お知らせ


CLOMO SECURED APPs MANAGER

新バージョンにおける一部仕様変更について

 

平素より格別ご高配を賜り、誠にありがとうございます。

さて、2016/4 月中旬ではございますが、CLOMO SECURED APPs MANAGER において

新バージョンのリリースを予定しております。

本リリースでは、CSV ファイルのフォーマットを変更させていただきますので、

下記のとおりお知らせ申し上げます。

 


 

変更概要

SecuredMailer および SecuredCalendar にてプロキシ認証対応1)対応版アプリがリリースされるまではご利用できない機能です。が行われ、

SecuredContacts では共有コンタクト情報への同姓同名データのインポート機能2)「管理コード」を利用しない場合は従来通りの仕組みで動作します。が強化される予定です。

それに伴い、インポート・エクスポート用 CSV のフォーマットが一部変更となります。

 

変更内容

◯SecuredMailer/SecuredCalendar

・ユーザー情報のインポート・エクスポートフォーマットの変更

メールアカウント設定(Exchange)の項目追加に伴い、ユーザー情報のインポート・エクスポート CSV

ヘッダに新たな項目が追加されます。

 

追加されるカラム名

 プロキシ設定 / プロキシホストアドレス / プロキシポート / プロキシユーザー / プロキシパスワード

追加される箇所

 インポート・エクスポート CSV フォーマットにおける「Exchange サーバ SSL 有効」項目以降

追加される理由

 SECURED APPs MANAGER 新バージョンで提供予定のプロキシ認証対応のため

 

◯SecuredContacts

・共有コンタクト情報のインポート・エクスポートフォーマットの変更

共有コンタクトにおける項目追加に伴い、共有コンタクト情報のインポート・エクスポート CSV のヘッダに

新たな項目が追加されます。必須項目ではなく任意項目の追加となりますので、インポートの場合は

現在ご利用中の CSV フォーマットをそのままご利用いただけますが、新バージョンリリース以降

エクスポートされる CSV ファイルには、ヘッダに新項目が追加されたフォーマットで出力されます。

エクスポートファイルを編集して再インポートされる場合はご注意ください。

 

追加されるカラム名

 管理コード3)「管理コード」とは、共有コンタクトを一意に識別するための値となります。

追加される箇所

 インポート・エクスポート CSV フォーマットの先頭

追加される理由

 SECURED APPs MANAGER 新バージョンで提供予定の

 共有コンタクト情報への同姓同名データのインポート機能に対応するため

 


 

今後とも、CLOMO をご愛顧賜りますようお願い申し上げます。

   [ + ]

1. 対応版アプリがリリースされるまではご利用できない機能です。
2. 「管理コード」を利用しない場合は従来通りの仕組みで動作します。
3. 「管理コード」とは、共有コンタクトを一意に識別するための値となります。