お知らせ


CLOMO SECURED APPs MANAGER

新バージョンにおける一部仕様変更について

 

平素より格別ご高配を賜り、誠にありがとうございます。

2017年2月20日深夜に CLOMO SECURED APPs MANAGER の新バージョンリリースを予定しています。
デバイス情報の CSV エクスポート機能やプロファイル設定変更時の通知制御機能の実装を予定しており、
それに伴いまして、CLOMO SECURED APPs MANAGER の変更事項がございますので、予めご案内いたします


 

変更概要

 

1. プロファイル設定変更時における挙動変更について

 新たにプロファイル設定変更時の通知制御機能が実装されます。
 プロファイル設定の変更をアプリ利用者のデバイスに通知するか否かを選択できる機能です。

 プロファイルの保存時に、設定ダイアログが表示されるようになります。
 初期状態は「通知しない」にチェックが入った形となります。

 

2. Devices 画面における デバイス情報エクスポート機能について

 Devices 画面にデバイス情報のエクスポートを示すアイコンが追加されます。
 このアイコンより、アプリをご利用中のデバイス情報がCSV ファイルとして出力可能となります。

 

3. CLOMO サービスで利用する FQDN の追加について

 CLOMO を Wi-Fi 環境下にてご利用の場合に、開放する必要のある FQDN が追加されます。
 CLOMO SECURED APPs MANAGER をご利用する場合に利用されることがありますので、
 F/Wやプロキシサーバ等で通信制限をかけられている場合は下記 FQDN を開放ください。

 FQDN:clomostd.blob.core.windows.net
 利用ポート: 443/TCP

 なお、本 FQDN は 新機能となるデバイス情報の CSV エクスポート機能や
 SecuredDocs のアップロード済コンテンツのダウンロード時に利用されますが、
 今後、当該 FQDN を利用する箇所が増える可能性があります。
 その他、CLOMO にて利用している FQDN は、下記 FAQ をご参照ください。

 関連FAQ:http://faq.clomo.com/clomo-all/clomo-mdm/860

 

4. CLOMO SECURED APPs MANAGER の主な表示項目変更について

 ・Service Settings 画面における利用状況の契約期間が YYYY/MM/DD で統一されます。


・CLOMO FAQ へのリンクが画面右下のお問い合わせフォームの直上に表示されるようになります。

 


 

 

今後とも、CLOMO をご愛顧賜りますようお願い申し上げます。