CLOMO SECURED APPs MANAGER 新バージョンにおける

一部仕様変更について

 

平素より格別のご高配を賜り、誠にありがとうございます。

2018年1月22日深夜に CLOMO SECURED APPs MANAGER の新バージョンリリースを予定しています。
今回のリリースにおいて製品仕様に一部変更がございますので、あらかじめご案内いたします。
(なお、新バージョンリリースの作業日時およびサービスへの影響につきましては、
後日「リリース予定のご案内」としてご連絡いたします。)



 

新機能による変更

1. 【 CLOMO SecuredBrowser 】閲覧制限の機能強化

閲覧制限機能(ブラックリストまたはホワイトリスト)において、
特定のホストやサブドメインを除外可能とする機能です。
ホワイトの場合は例外で閲覧不可とさせるURLを、
ブラックの場合は例外で閲覧可能とさせるURLを登録できます。

本機能の対応アプリバージョンは以下のとおりです。
・CLOMO SecuredBrowser for iOS ver.3.11.0
・CLOMO SecuredBrowser for Android ver.2.6.0

 

2. 【 CLOMO SecuredContacts for iOS 】Exchange アカウントのプロキシ対応

CLOMO SecuredContacts for iOS で Exchange アカウントを利用する場合、
新たに任意設定項目として「その Exchange アカウントが経由するプロキシ」
サーバの情報を設定できるようになります。

本機能の対応アプリバージョンは以下のとおりです。
・CLOMO SecuredContacts for iOS ver.4.3.0

 

なお、本機能の追加に伴い、ユーザーインポート時のCSVファイルの
フォーマットに以下の項目が追加となります。

<追加されるカラム名>
 プロキシ設定 / プロキシホストアドレス / プロキシポート / プロキシユーザー /
 プロキシパスワード
<追加される場所>
 インポート・エクスポート CSV フォーマットにおける
 「ExchangeサーバーSSL有効」以降
※いずれも、CSVファイルに記載がない場合は無視されます

 

機能改善による変更

1. Enterprise アプリの最新バージョン有効時に確認ダイアログを追加

iOS の Enterprise 版アプリ最新版を「有効にする」とした際に、
確認ダイアログを出すようにしました。
誤操作によって意図せず新バージョンを展開してしまうことを防ぎます。
※ App Store アプリおよびAndroid アプリには影響ございません。

2. 月額契約時の契約期間表示

CLOMO SECURED APPs を月額でご契約の場合、
契約終了日を表示しないように変更しました。

 

その他

1. CSV ファイルのフォーマットについて

・Users/Org 画面および Devices 画面において、インポートおよびエクスポートで
 利用する CSV ファイルの形式に変更はありません。

 

 


 

今後とも、CLOMO をご愛顧賜りますようお願い申し上げます。