VPP とは、どういったサービスですか?

VPP とは、Apple 社が提供する「Volume Purchase Program」の略語で、App Store に公開中のアプリケーションを管理者側で一括購入し、管理下のデバイスへ配信できるプログラムです。

VPP を利用すると、デバイス側で AppleID のサインインやアプリのインストール操作が不要となり、遠隔でのアプリケーションのインストールを行うことで、iPhone / iPad の法人利用における作業負担を軽減することができます。

=関連FAQ=
デバイス向け VPP(device-based VPP)を利用するとどんなメリットがありますか?