SecuredBrowser に搭載されているデバッグログモードとはどのようなものですか?


 

SecuredBrowser に搭載されているデバッグログモードとは、
SecuredBrowser 内のデバッグログを取得することでウェブページ上の動作ログを確認し、
調査材料とするもので、当社よりそのログ取得を依頼する場合があります。

 

[iOS 設定] > [S-Browser] > [デバッグログモード] を有効とすることで、
利用中の SecuredBrowser をデバッグログモードとし、ログ収集を行える状態にします。

デバッグログモードを有効とすると取得したデバッグログを送信することができるよう
アプリケーション設定メニュー内に [デバッグログを送信] の項目が追加されます。

[デバッグログを送信] をタップすると圧縮ファイルが添付された状態で新規メールの
送信画面が起動しますので宛先の入力を行って、そのまま送信してください。

弊社宛に圧縮ファイルを送付いただくことで、SecuredBrowser での動作について
より詳細に調査を行うことが可能となります。

 

尚、デバッグログモードの有効化、および無効化には SecuredBrowser の再起動が必要です。

加えて、デバッグログモードとして記録されたログを削除しクリアな状態とするには
デバッグログモードの設定を変更した後で一度 SecuredBrowser を再起動させる必要があります。
そのため、デバッグログモードにてデバッグログの取得が完了した後、
通常利用を再開する場合には以下手順を実施して利用を再開してください。

1)デバッグログモードのタップ操作(無効 → 有効)
2)SecuredBrowser の再起動
3)デバッグログモードのタップ操作(有効 → 無効)
4)通常利用の再開

※上記操作を行わない場合、アプリ内にログ残存し正常に動作しない場合があります。

※当社よりログ取得を依頼する場合以外ではデバッグログモードを有効にしないでください。