CLOMO GATE を利用した G Suite への認証方式を「CLOMO認証」に変更する方法について

CLOMO GATE を利用した G Suite への認証方式を「CLOMO認証」へと変更する場合、以下の 3 ステップの対応が必要です。

1.CLOMO アカウント情報の作成
2.認証方式の切り替え
3.ユーザー毎の認証パスワード再設定(任意)

以下に、それぞれの手順についてご案内いたします。

1.CLOMO アカウント情報の作成

CLOMO PANEL > Users/Org に表示されているユーザー情報に対して、CLOMO アカウントを設定します。
G Suite のアカウント情報は、自動的にユーザー情報として連携されていますので、これら全てのユーザー情報に対して、CLOMO アカウントの設定が必要です。
なお、ここで設定した「CLOMOアカウント名」および「CLOMOアカウントパスワード」が、今後、G Suite へアクセスする際の ID および PW となります。(G Suite 利用者ごとに、PW を再設定させる方法は「3.ユーザー毎の認証パスワード再設定」をご確認ください)

操作方法は、以下の web マニュアル(リンク)をご確認ください。

【個別に CLOMO アカウントを設定する方法】
CLOMO アカウントを編集する

【一括で CLOMO アカウントを設定する方法】
ユーザー情報のインポート
※ 予め、ユーザー情報を CSV エクスポートし、その CSV ファイルに「CLOMOアカウント名」および「CLOMOアカウントパスワード」を設定したものをご用意ください。ユーザー情報のインポートは「追加更新」で実行ください。

2.認証方式の切り替え

CLOMO GATE で認証方式を切り替える手順となります。
CLOMO GATE を利用している全 G Suite アカウントに対しての一斉切り替えとなりますので、利用者様へ十分なアナウンスを行った後に、ご対応ください。

操作方法は、以下の web マニュアル(リンク)をご確認ください。

CLOMO アカウント設定
※ CLOMO アカウントを構成する情報は「任意の文字列」とし、CLOMO アカウントの認証タイプを「CLOMO認証」と設定ください。

3.ユーザー毎の認証パスワード再設定(任意)

本作業は任意作業です。
「1.CLOMO アカウント情報の作成」で作成した各 G Suite アカウントのパスワードを、G Suite アカウント利用者自身が変更するための手順です。

CLOMO アカウントのパスワードを再設定する
※ CLOMO PANEL からの パスワード再設定の手順となりますが、CLOMO GATE 画面(G Suite へのログイン画面)からも同様の操作が可能です。「CLOMO認証」設定後に表示される「パスワードを忘れた場合はこちら」から作業ください。

作業後、CLOMO 認証を利用して、G Suite にログインできることをご確認ください。