OS のバージョンアップを MDM で制御することは出来ますか?

■iOS デバイスの場合
制限設定プロファイルの「機能制限設定」>「ソフトウェア・アップデート遅延」を設定することで、OS アップデートが公開された時点から最大90日間、デバイス側でのアップデートを延期することが可能となります。
※デバイスが監視対象かつ iOS 11.3 以上である必要があります。

延期日数はデフォルトで30日に設定されていますが、1〜90 日の間で変更可能です。

詳細については以下マニュアルをご確認ください。
制限設定プロファイル
OS アップデートを抑制する(iOS)

◇Apple サポートサイト
ソフトウェア・アップデートを管理

■Android デバイスの場合
管理プロファイルの「デバイス制御」>「システムアップデート制御」を設定することで、デバイス側でのアップデートを制限、またはアップデート通知を受けてから最大30日間の延期を行うことが可能となります。

ご利用条件などの詳細については以下マニュアルをご確認ください。
管理プロファイル
 -(※2)システムアップデート制御で制御できるデバイス
 -(※3)システムアップデート制御期間
OS アップデートを抑制する(Android)

■Windows デバイスの場合
Windows 10 デバイスであれば、「Windows 10 Update 設定プロファイル」にて制限可能となります。
※プロファイルは CLOMO PANEL の [Settings] > [Mobile Device Management] > [Windows] > [プロファイル] より作成可能です。

詳細については以下マニュアルをご確認ください。
OS アップデートを抑制する(Windows)