管理者が意図しないアプリを利用しているかどうかを確認する機能はありますか?

CLOMO PANEL で設定が可能なアプリ利用ポリシーはアプリケーションの ID を予め登録しておくことで、利用を禁止としているアプリケーションをインストールしていないかを確認することができる機能です。
ポリシーに違反したデバイスが検知された場合には CLOMO PANEL 上で違反アイコンが表示され、管理者へアラートメールが配信されます

CLOMO PANEL 内の Settings 画面で主要な設定を行いますが、具体的な項目は以下でご確認ください。

 

【アプリ利用ポリシーの設定】
アプリ利用ポリシーの「構成する」を選択したうえで、利用を許可する(ホワイトリスト)アプリ、利用を許可する(ブラックリスト)アプリのいずれかを選択し、アプリケーションの ID の入力を行います。

上記の様に設定画面で表示されていれば設定が完了しています。
※ 例として Facebook アプリケーション(com.facebook.Facebook)を登録しています。

 

【アプリケーション ID の確認方法】
デバイスにインストール済みのアプリケーションから確認することができます。

アプリケーション名の下部に表示される英数字がアプリケーション ID となりますのでコピーしてご利用ください。
※ Ver. XXX の部分はアプリバージョンとなり、アプリケーション ID ではありませんのでご注意ください。
※ 例として Facebook アプリケーション(com.facebook.Facebook)を利用しています。

 

【管理者へのアラートメールの配信設定】
アラートメール自体の配信設定とアプリ利用ポリシー違反をメールに含める設定のそれぞれを行う必要があります。

上記の設定を行うことでメールの配信設定が完了します。

 

アプリ利用ポリシー機能の性質上、デバイスが利用しているアプリケーション情報を定期的に取得するため、アプリケーション情報の取得コマンドを一日に一度、自動実行します
※日次で実行しているデバイス情報の取得コマンドとは別に追加で実行します。
その実行結果として得られたアプリケーション情報を元に設定されているポリシーとの照合を行って、違反を検知しています。

管理者が CLOMO PANEL へログインせずとも自動でアプリケーションの情報を取得することができる機能のため工数の負担なく、デバイス管理に役立つ機能となるため是非お役立てください。