CLOMO PANEL 新バージョンにおける

仕様変更について

 

平素より格別のご高配を賜り、誠にありがとうございます。

2018年5月7日(月)深夜に CLOMO PANEL の新バージョン Ver.1.50.0 のリリースを予定しています。
本リリースに伴う仕様変更について、あらかじめご案内いたします。


◆主な変更内容

管理プロファイル項目の追加・変更(Android のみ)

CLOMO MDM で Android フィーチャーフォンの管理を行えるようになります。
これに伴い、[ Settings ] – [ Mobile Device Managent for Android 基本設定 ] – [管理プロファイル] に以下のAndroid フィーチャーフォン専用項目が追加されます。

・「デバイス種別」-「Google Play 非対応端末」
・「エージェント制御」-「コマンド取得間隔の設定」

 

詳細検索項目

[ Devices ] – [ 詳細検索 ] – [ デバイス情報 – Androidデバイス種別 ] に以下の項目を追加します。

・「Google Play 非対応デバイス」

 

紛失モード設定時のデフォルト値

紛失モードの「表示メッセージ」項目のデフォルト値が無し(空欄)から以下のメッセージに変更になります。

「このデバイスを探しています。見つけた方は以下の連絡先へお電話下さい。」

※すでに他のメッセージを設定されている場合はそちらが優先されます

 

VPP アプリの削除条件(iOS のみ)

MOBILE APP PORTAL に登録したアプリについて、VPP ライセンスがデバイスに付与されている場合、アプリ情報の削除ができなくなります。
今後はすべてのVPP ライセンスを剥奪した上でアプリ情報の削除を行ってください

 

その他

CSV ファイルのフォーマットについて

Users/Org 画面のインポートおよびエクスポート、および Devices 画面のインポートで
利用する CSV ファイルの形式に変更はありません。


 

今後とも、CLOMO をご愛顧賜りますようお願い申し上げます。