VPPトークンを複数の環境で利用することはできますか?

1つの VPP トークンを複数の CLOMO 環境、および Apple Configurator 2 や他社製 MDM サービスなどと重複して利用することはできません。

2つ目の環境に登録するなどの重複利用が確認された場合、Apple 社側でその競合を検知した時点で1つ目で登録されていた VPP トークン情報が消失し、ライセンスが失効される恐れがあります。

そのため、環境を移行する場合などでも使い回しを避け、ご利用環境ごとで個別の VPP トークンを発行、利用してください。